スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車が作れない

新潟県中越沖地震によって日本の自動車工場のほとんどが動かなくなってしまうなんて。

トヨタ方式の弊害ですね。

在庫を持たないという究極のコスト削減の結果です。

ここで抜け落ちていたのは、リスク管理ですね。

リケンの責任はどうなるのでしょうか?

20070720-riken.jpg


リケンの今日の報告によると、設備の8割りは復旧、電力は回復しているが、水道・ガスについては未だ復旧していないとの事。

さすが、情報システムについては、既に復旧し通常稼動しているとの事。また、物流についても迂回路も含め、確保しておりますとの事、これこそ、インターネットの真骨頂ですね。

WEBの意味するところです。遮断されたネットを迂回して接続を確保する。ですね。

また、今日からは自動車業界650人もの人が集結して復旧作業に加わっているそうです。内訳は、トヨタ自動車本社から250人、グループ企業から80人。日産自動車100人、三菱自動車40人、ホンダ30人。とのことです。

業界の死活問題と言うことでしょうか。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
プロフィール

ブルーの脳です

Author:ブルーの脳です
私のブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。